2010年10月18日

外壁が屋根より出てる!?

欠陥調査をしていると、とんでもない事例にあたります。
調査の依頼内容は「屋根と外壁のリフォームを行ったが、屋根よりも外壁の方が飛び出している。このような家は見たことがないが、これで良いものですか?」というものでした。
屋根の方が外壁より出ているのが当たり前ですよね?
結果、この家は雨水が外壁の上部から壁内にいくらでも漏れる構造でした。しかし、これだけにとどまりませんでした。
この工事は近接した隣の家と同時に行ったもので、見るとこの家の屋根と隣の家の屋根がつながっていました。理由を聞くと、業者が「建物同士を一体にした方が丈夫になるから」と言ったそうです。
あなたは、これが良いか悪いかどちらと考えますか。
これは屋根を分けるのが面倒であったために業者が手抜きをしたものです。
建物が違えば、強度も揺れ方も全然違います。それを屋根だけ一体にしてしまえば、強風や地震の時などに必ず屋根が壊れます。
リフォーム専門会社であっても、建築のことを知らないというヒドイ現実も目の当たりにすることがあります。
posted by 住まいづくりの会 at 20:54| 欠陥住宅の話