2019年11月16日

第22回「住まいの防犯対策」

年末年始や連休中など、留守宅が多くなると空き巣被害が多発します。
その手口は窓ガラス破りや玄関扉をバールなどでこじ開けるなど、施錠しても
破壊してしまうような荒々しいやり方です。

実例1
防犯目的で窓ガラスを高価な防犯ガラスにした上、外部にフラッシュライト(人が通ると点滅する)を取り付けたお宅です。
20191116-1.bmp









長時間留守をしていた為、時間をかけてアイスピック状の道具で穴を開けていき、クレセント(締め金具)を開けられました。出かけたのが昼間だったので雨戸は閉めておらず、フラッシュライトは配線から切られていました。

実例2
勝手口から侵入されたお宅です。やはり留守中にバールでこじ開けられました。
20191116-2.bmp








共通していたのは侵入口が道路などから死角にあったという事です。
時間をかければ対策を取ってもこじ開けられてしまう事が多いので、出入りしやすい掃き出し窓や勝手口などは設けないほうがいいかもしれません。
では目立つところならよいのかというと、道路側にあった窓ガラスや玄関ドアを破壊して侵入されたお宅もあるので一概には言えません。

狙われる時間帯は日没前後の間が多く、門灯や室内灯がついていない、留守だとわかるお宅が被害に遭いやすいです。
夕方に出かける時は門灯、室内灯、ラジオなどをつけておき留守を悟られないようにするのも対策の一つです。タイマーをセットして時間になったら点灯させる方法もあります。
侵入されやすい窓などに対策を講じるのはもちろんのことですが、日ごろからちょっとした外出の際や在宅時にも施錠する、塀や植栽を低くして近所からの死角を作らないなど無防備に見せないことが大切です。
防犯カメラやカメラ付インターホンも効果的ではありますが、泥棒は侵入数日前には下見をします。地域住民同士や見知らぬ人にも進んで挨拶をかわすことにより、「ガードの堅い地域だ」と思わせることも大事です。
posted by 住まいづくりの会 at 14:49| 建築よもやま話